どうしてもお金が必要な時に頼りになるカードローンはどれ?

どうしてもお金が必要な時に頼りになるカードローンはどれ?

今直ぐに!と言う訳ではありませんが、毎月かなり厳しい経済状況なので、カードローンを考える事が多々あります。どうしてもお金が必要!って成ってから調べるのも大変だと思うので、今から知っておきたいのですが、頼りになるカードローンはどこでしょうか?

頼りになるカードローンは大手消費者金融会社か銀行でしょう

大手消費者金融会社や銀行は安心感もありますし、何より豊富な資金があるので、利用者の事を考えたサービスが沢山用意されています。

申し込み方法も店舗窓口だけでなく、電話からもワックスや郵送でも出来る処が多く有りますし、24時間何時でも申し込みが出来るインターネットを使った方法はとても便利です。画面の指示に従い正確に入力し、必要書類を写真に撮り、添付資料としてデータを送るだけなので、操作も簡単です。

返済方法も消費者金融会社専用のATMや提携するコンビニエンスストアへの入金で行うだけでなく、口座から自動引き落としも出来ますし、ネットバンクからの振り込み返済にも対応している会社が多くあります。

消費者金融会社も銀行も申し込み資格と審査にクリアしないと借り入れはできません。どちらも年齢が20歳以上で60歳前後と言う処が殆どです。ただし、消費者金融会社には「安定した収入が有る方」と言う一文も付いているので、無職の方や専業主婦の方が消費者金融会社から借り入れをする事は不可能です。銀行ではこの一文がないので、借りられる可能性は有りますが、配偶者や親権者の同意書が必要だったり、借りられる金額が少なめに設定されていたりします。また、消費者金融会社には「総量規制」と言う法律が適応されるので、年収の3分の1までの融資しか受けられませんが、銀行には「総量規」が適応されないので、高額な融資を受けられる可能性があります。

大手消費者金融会社か銀行のホームページ等、じっくり見比べてみると良いでしょう。

どうしてもお金が必要な時はキャッシングを活用しよう

人間の欲望にはキリがありません。欲望のままに従っていたら、お金もたまりませんし、余計な負債を抱えてしまうことになりかねません。それで、軽々しくキャッシングを利用しないで欲しいのですが、しかし、やはり、このキャッシングはお金に困ったときに大変助かります。

例えば、どんなときにカードローンが助かるのか、一つの例を挙げてみましょう。それは、どうしてもまとまったお金が必要で、それは時間が経ってしまうと意味がなさないもの、例えば誕生日プレゼントのための資金やお葬式の香典、結婚式のご祝儀などをカードローンを使って借入れるという使い方です。

しかし、この借り入れをするときには、是非押さえておきたい一つの条件があります。それは将来かならずそれを補う収入が入ってくる、ということです。つまり、きちんと返済できる当てがあることがとても大事です。これによって、無茶な借り入れを避けることができます。

人によってはカードローンを、まるで自分の銀行口座からお金を引き出すようにして使う方がいらっしゃいますが、そうした方はカードローンが借金である、という認識が薄いのでしょう。カードローンは立派な借金ですから、元本の返済に加えて、利子も合わせて返済しなければなりません。もし、返済する目処が立っていなければ、利子は時間が経つにつれてどんどん膨らんでいきますから、結局はカードローンで自分の首を絞めることになり、多重債務者や自己破産という悲惨な結末を迎えることにもなりかねません。

閉じる
閉じる